滋養強化剤「プロキオン」の成分を考察してみた|オキソアミヂンその他

精力剤・滋養強化剤としてわたしが普段から服用している「プロキオン」の成分について調べてみました。

商品の箱にも記載されていますが、1日分が公式サイトに掲載されていたので、そのデータで考察してみたいと思います。

 

プロキオンに含まれる有効成分は「オキソアミヂン」で、医薬部外品として

  • 滋養強壮
  • 虚弱体質
  • 肉体疲労
  • 病後の体力低下
  • 食欲不振
  • 栄養障害
  • 発熱性消耗性疾患
  • 産前産後

の栄養補給として利用できると書かれています。

「薬」ではなく医薬部外品なので、薬事法的にも「○○に効果がある」「○○が治る」といった記載はできないようになっています。(販売されているサプリメントすべて=栄養補給としか書けない)

実際には精力アップに貢献してくれているので、記載名は関係ないかなと思います。

 

【1日分(2粒)に含まれる成分】

  • オキソアミヂン 200 mg
  • トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE) 10 mg
  • チアミン硝化物(ビタミンB1) 8 mg

【カプセル・その他の添加物】

  • ゴマ油
  • サラシミツロウ
  • ゼラチン
  • グリセリン
  • D-ソルビトール
  • パラベン
  • 酸化チタン
  • 赤色102号
  • 黄色5号
  • 青色1号
  • ポリソルベート 80

 

次に肝心の成分ですが、プロキオンの主成分は「オキソアミヂン」というニンニクから抽出したものになっています。

1日2粒で「ニンニク1球分」のオキソアミヂンが摂取できるので、ニンニク卵黄などの健食サプリとは比べものになりません。

また、ニンニクの刺激成分「アリシン」は入っておらず、滋養強化にいいオキソアミヂンだけが配合されています。

 

そのほかの成分は「ビタミンE・ビタミンB1」です。

ビタミンEは血流改善に効果的に働いてくれる栄養素で、陰茎湾曲治療の1つにはビタミンEを取る方法があります。

ペニスを強く勃起させるために必要なビタミンEは、成人男性で1日15mgの摂取が推奨されていますが、そのうち「プロキオンで10mgとれる」ので、慢性的に不足しがちな栄養補給ができるようになっています。

 

ビタミンB1は糖からエネルギーを作る際の「代謝」を助ける働きがあり、男性ホルモンが正常に分泌される手助けをしてくれるほか、カラダ全体の活力を生み出すことに必要です。

1日の目安となる摂取量は1,5 mgですが、プロキオンには8 mgも入っています。

 

なぜこれほど過剰にビタミンB1が入っているのかについては、「運動・アルコール・糖分」によってビタミンB1が消費されてしまうため、余分に摂ったほうが勃起しやすいカラダが作られるからだと思います。

また、ビタミンB1は水に溶ける水溶性ビタミンなので、過剰摂取分は尿として排出されるようになっています。

そのため、「足りないよりは多く摂ったほうがいい」ということでしょう。

 

ビタミンB1が不足すると疲労感を感じやすくなり、カラダがエネルギー不足になりやすくなってしまいます。

プロキオンは「精力強化・滋養強壮」のためのサプリメントなので、理に叶った成分が配合されているわけですね。

オススメページ:精力剤「プロキオン」の効果と副作用をレビュー|医薬部外品・評判・口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です