男性用サプリ「プロキオン」に副作用はある?|実体験と効果からみる症状

男性用サプリメントの「プロキオン」は、ニンニクに含まれる有効成分「オキソアミヂン」が主成分となっています。

ただ、医薬品ではなく「医薬部外品」なので、ニンニクアレルギーを持っていない方であれば副作用の心配はありません。

毎月1箱を継続的に飲んでいますが、これまで「この症状が副作用かなぁ~」と思ったことはありませんでした。

牛乳を200ml飲んだだけで下痢してしまう軟弱なカラダですが、お腹を壊すことも頭痛が起きることも今までないので、不安になる必要はないですね。

プロキオンはカラダに無理をせず滋養強化したい人にオススメ

私は40代ですが、今まで「バイアグラ・レビトラ・精力サプリ」と色々なものを試してきました。

一番強力な効果があったのは「ED治療薬」です。バイアグラとかのことですね。

 

これらは強制的に勃起させる力が強くて、問答無用で勃たせてくれる代物でしたが・・・副作用がものすごく大きくて、使い続けるのは無理があると判断しました。

毎週のように飲んでいたら動悸がするようになって、最終的には「耳が聞こえにくくなる(20分程度)」といった症状まで出るようになりました。

しっかりクリニックで処方してもらい、体重に合わせた容量を用法守って飲んだにもかかわらず、です。

 

その点、プロキオンは副作用は全くなく、歳を食って衰えたカラダにムチを入れるように、活力・精力を取り戻させてくれています。

安全に肉体強化できているので、バイアグラを飲んでいたときのように「もし何かあったらどうしよう、次はやばいかもしれない・・・」といった不安に駆られることもなく、安心して服用できています。

 

あなたが20代、30代ならED治療薬のような「劇薬」を飲んでも問題ないかもしれませんが、カラダが強くないと自分で分かっているなら、安全性の高い、副作用のない精力サプリを利用するようにしましょう。

副作用は出ないけれど「オキソアミヂン」の量は医薬品の4倍以上

医薬部外品のプロキオンは1日の摂取量あたり「オキソアミヂン200mg」を摂ることができます。

対して、医薬品として販売されている「キューピーコーワゴールドαプラス」は1日分で50mgとなっています。

また、同じく医薬部外品である「ユンケルローヤル錠」は1日分で20mgと、プロキオンの1/10ほどしか摂取できません。

 

上記のキューピーコーワやユンケルローヤルは他の成分も多く含まれていますが、オキソアミヂンの量でいえばプロキオンが圧倒的に多いわけです。

滋養強化で定評のあるオキソアミヂンが副作用のない医薬部外品でも1日200mgも摂れてしまうのですから、プロキオンがいかに優れているかということが分かります。

オススメページ:精力剤「プロキオン」の効果と副作用をレビュー|医薬部外品・評判・口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です